北の最果て。万年雪に鎖された山々には、儚くも美しき鉱物・空殻水晶と、大地神が眠っている——

山を守り山と共に生きるレフカタスの民。彼らの日常は、隣国の侵攻により突如崩壊した。
故郷を追われ「商品」と化した少年・ラギの前に現れたのは、奇石職人である娘とその従者。
「私と来ますか。それとも、ここに残りますか。——選んで下さい。あなたの意志で」
歪な関係と各々の間に交わされた誓約をきっかけに、少年は世界の秘密に触れていく。

少年の成長譚。鉱物と魔術の異世界ファンタジー/最低月一更新予定

奇石人形は法の書の夢に眠る